商品カテゴリー








お問い合わせ

メールでのお問合わせinfo@co-batke.com
co-batake店長ブログ やってみよう!緑のカーテン

TOP > 美味しいお茶の淹れ方


谷田屋(たんだや)は、自然な環境でのお茶づくりを目指す茶園です。
農薬、化学肥料を使わず、雑草も極力刈らない、「自然農」と呼ばれる栽培方法に近いお茶づくりを行っています。

  • 農薬や化学肥料を使っておりません。
  • 他の茶園のものとのブレンドは一切しておりません。
  • 一年のうち、最も香り高い春の新茶だけを収穫し、摘みたてそのままを、限られた生産量の中からお届けしています。
  • 爽やかな香りのあと、一息遅れて旨みと渋みを味わうことができる、清涼感あふれる飲み心地です。
美味しいお茶の淹れ方

当園の茶葉で、1人が3杯程度楽しめる飲み方をご紹介します。
(人数が増える場合、1人につき2gを目安に茶葉を増やして下さい。)

500ml〜1Lの水を用意し、炭ティーパックを浸し、数時間〜1日置きます。
500ml〜1Lの水を用意し、竹炭パックを浸し、数時間〜1日置きます。(炭の粉が出る場合がありますが、そのまま飲んでいただいても差し支えありません。気になる方はご使用前に軽く煮沸して下さい。)
パックを取り出し、お湯を沸かします。
竹炭パックを取り出し、お湯を沸かします。熱いお湯でもぬるめのお湯でも、お好みに応じて味わっていただけます。
蓋をせず蒸らします(1分前後を目安とします。)
お好みにより3〜5gの茶葉を急須に移し、少しお湯を入れ(全体が湿る程度)、蓋をせず蒸らします(1分前後を目安とします。)
淹れ終わった後は、急須にお湯を残さないようにします。
そっと急須にお湯を注ぎます。何杯か淹れる場合は、それぞれの湯飲みが同じ濃さになるようにします。また淹れ終わった後は、急須にお湯を残さないようにします。

また、水出しでも美味しく味わっていただけます。
夏は冷蔵庫で冷やしてお楽しみ下さい。

谷田屋のお茶